Powered by Blogger.
 
2016年12月31日土曜日

2016年12月31日

上海なう。昨年末に引き続き滞在中。思えば、ぴあにお勤めしていた20代後半に香港に一ヶ月滞在してインターネットもなかった時代の件数と詳しさを誇るグルメマップを現地の人たちと作ったことが私の海外仕事の事始だったので、同じ中国圏の都市である上海は、私にとっての青春回帰なのですよ。
今回は短期滞在なので、いつものAir BNBではなく、歴史的建造物であるオールド上海スタイルの穴場、静安貧館。周囲には小籠包屋に肉まん屋が軒を並べる軽食ストリートがあるので、そこで歩き肉まん。すると、コーナーにブルックリンに今あります系のオシャレなカフェがあって、そこでカプチーノ、帰りの路地裏に「コレは効きそうだ」というマッサージ屋を見つけて、足裏を一時間とフル回転。
夕食は、一年前もみずほ銀行上海支店のグルメ達人に連れて行かれ、ハマった「新光酒家」。ご一緒したのは、北京から最近移ってきて、新婚ほやほやの門井ちゃん。彼は実はイビサで初めて会ったクラブ関係の友達で、その英語通訳の卓抜さにおいて、わたくしが一目も二目を置く人物なのですが、それに中国語も加わりつつある逸材。で、今年話題の電通の人。(電通ぬかりなし)ついでに、奥様はなんとこの間まで東京バレエ団で踊っていたバレリーナでバレエ話にも花が咲くという。
ということで、蟹の後は、もちろ門井ちゃんリコメンの上海クラブ巡り。彼がホームグラウンドにしている、新兵路の小バコは、テクノオリエンテッドなDJがプレイしており、世界共通の「良質なクラブミュージック愛好家」が集まる拠点クラブの雰囲気が確実に存在していました。(写真は、たぶん世界で最小容積のクラブビルのエレベーターと、そこの常連さんの台湾出身の小学校の先生クラバー嬢)
そう、良いクラブというものは、ミシュランやワインの格付けと同様、世界各地どこでも共通でして、本当のローカルの面白さは悪場所にこそあるのです。ということで見学した、現地で人気の大バコ、「DIVA」が凄かったんですよ。
もちろんかかっているのはEDM。満杯のソファ席にはフルーツの大盛り(どこのベルサイユ宮殿かという感じのデコラティブ)テキーラの一気飲みの小杯セットに酒瓶が乱立している中で、サイコロゲームにいそしむメンツもあり、明らかに服装が男狙っています系の女豹集団がいたり、しいていうならば、ローマ滅亡の日も近いぞ、という大デカダンス。
これって、モスクワの大バコやイビサの「そういうDJの日」にも共通なユーラシア大陸ならではのパーティーモードと私はみましたね。光も強く陰も強い、というこの感覚は、中庸のあわいが好きな日本人には絶対に立ち現れないセンスです。
到着日なのにもうこの充実感。ホントに来年は月一で来ようかな。




Read more...
2016年12月29日木曜日

2016年12月29日

今年最後のお仕事、TBSのニュースキャスター特番、芸能ニュースランキング2016年決定版にでます。こないだきたばっかり。メイク中。で明日朝、上海出発。

Read more...
2016年12月28日水曜日

『WACOAL BODY BOOK』|「人間はカラダだ!」

0 コメント
『WACOAL BODY BOOK』
「人間はカラダだ!」連載中です。

12月28日に 「肩こり対処法のあれこれ」 が掲載されました。

http://www.bodybook.jp/entry/essay/protrude/
Read more...
2016年12月27日火曜日

名古屋テレビ「ドデスカ!」レギュラー出演!

毎週月曜〜金曜日6:00〜8:00放送 名古屋テレビ (メ~テレ) 「ドデスカ!」
2017年1月より水曜日ゲストコメンテーターとして出演致します。
Read more...
2016年12月24日土曜日

2016年12月24日

22時から、TBS、新情報7days ニュースキャスター出演なり。たけしさんに先日のファミリーヒストリー、の感動を伝えなければ!徳島、義太夫の血脈。

Read more...
2016年12月13日火曜日

2016年12月13日


【シェア希望】お待たせしました! 爆クラpresents のリアルコンサート、ジェフ・ミルズ×東京フィルハーモ二交響楽団を2017年初頭、なんと大阪(2/22)と東京(2/25)で行うことが決定しました!!!

気がついたら、ななんと、SS席の先行抽選予約が明日、14日の18時締め切りと言うことで、急いで湯山、このテキストを書いておりまする。

先行特別予約はコチラ↓
http://eplus.jp/sys/main.jsp

思えば、今年の3月、チケット売り出しとともに即完し、オークションで倍以上のブレミアがついてしまった幻の公演。体験できなかった方々はもちろん、体験した方も是非に是非に観ていただきたい今回。日本では初お目見えの55分に渡る堂々の交響組曲『PLANETS』を引っさげて、題して、<クラシック体感系Ⅱ -宇宙と時間編->としておおくりいたす所存。



この交響組曲『PLANETS』マジでこれ、ジェフによるオーケストラサウンド制作のひとつの完成形であり、クラシック、テクノというジャンルを超え「音楽はどこまで行けるのか?!」という真に今、「目撃すべき音楽体験」だと、わたくしは強く思います。

だって、私はこの8月にアムステルダムにあるクラシックの聖地のひとつ、コンセルトヘボウにてすでに体験済みなんですもの!! 思えばジェフ・ミルズは、ずっと「宇宙」というテーマに取り組んで来た表現者。

彼はこの曲で、とうとうオーケストラ音楽の中に、彼の創り出してきた音響、電子音の響きと同質、いや、拡張する「何か」をツカんでしまったのですよ。言い換えると、クラシック音楽は、この『PLANETS』によって、始めてDJ/クラブミュージック特有のイディオムを手に入れたことにもなるのです。

凄曲に加えて、2月の日本公演については、アムス以上のものが期待できます。なぜならば、指揮者がヤバイ!! なななんと、先の10月に東フィルの首席指揮者に抜擢された、アンドレア・バッディストー二が今回の企てに加わるのですよ。

トスカニーニの再来と噂され、クラシック音楽界の目利きたちの視線を現在、最も熱く浴びている若干29歳の天才が、これまた、テクノ界の天才の音楽をいかに料理してくれるのか?  (個人的には、もしも、マイルス・デイヴィスがクラシックの組曲を書いたとして、それをカラヤンが振る、ぐらいのシロモノですよ)

もちろん、爆クラ! ならではの、そのほか楽曲も鋭意準備中。<クラシック体感系>第二弾に相応しいプログラムをご用意いたしますので、是非、お越しアレ!!!

===================================================

爆クラ!presents
ジェフ・ミルズ×東京フィルハーモ二ー交響楽団×バッティストーニ
クラシック体感系Ⅱ -宇宙と時間編-

大阪・osaka
2017.2.22(水)
open 18:00/start 19:00
場所:フェスティバルホール
問い合わせ:KYODO INFO
0570-200-888
(10:00-18:00)

東京・tokyo
2017.2.25(土)
open 17:30/start 18:00
場所:Bunkamura オーチャードホール
問い合わせ:DISK GARAGE
050-5533-0888
(平日12:00-19:00)

【TICKET】
SS席 S席 A席
PRICE ¥8,800 ¥7,800 ¥6,800
*全席指定、税込
*未就学のお子様はご入場をお断りさせて頂きます。何卒ご了承ください。

【PROGRAM】
PLANETS/ジェフ・ミルズ
*その他の演目は決定次第、当サイトにて順次お知らせ致します。

http://www.promax.co.jp/bakucla/02/index.html
Read more...
2016年12月12日月曜日

2016年12月12日

2016最後の爆クラ! ゲストはななんと、敬愛する近田春夫さん。わたくしは、高校三年の頃、サーファーにモデルチェンジし愛読するようになった、雑誌ポパイでの連載「THE 歌謡曲」で、その未だつてなかった音楽評論にハマったオールドファン。
その健筆は今でも文春のコラム「考えるヒット」で今だ健在。フランス革命の根幹にルソーの著作が存在したように、森高千里も、小泉今日子も、クールジャパンも彼の存在なくては語れないのですよ。
そんな近田さんの鍛え上げられた、ポップス耳に、クラシック音楽はいかに聞こえるのか?! (ポップスと言っても彼の場合、歌謡曲、ロックはいうに及ばず、クラブミュージックのトランス、ヒップホップにも通暁しているわけで)
すべてのカルチャーファンは、必見ですし、この夜、クラシック音楽の全く新しい聴き方が生まれるかも知れません。
期待大!!
予約はコチラ↓
http://mameromantic.com/?cat=10
Read more...

12/22(木)爆クラ 第57夜「考えるクラシック、を近田春夫さんと」

クラシック音楽の新しい聴き方を、クラブ仕様の音量豊かなサウンドシステムを通して提案し続けている、クラシック音楽のトーク&リスニングイベント、爆クラ!
2017年のラスト爆クラ! は、ついに近田春夫さんをゲストにお招きします。70年代から現在に至るまで、ミュージシャン、音楽プロデューサー、音楽評論家、タレントと幅広い活躍を展開している彼。
私にとって近田さんとは、バンドやソロ活動では、常にその時代においての「その先の音楽」を表現し続けてきた才人。当時、ポッブス界において、ロックやジャズのカウンターカルチャー一派から格下&無視されていた歌謡曲をロック文脈にてアプローチしたアルバムや、日本語のラップ、ヒップホップ、そして、DJ/クラブカルチャーに関しての取り組みも恐ろしいほどに早く、それが単なる愛好家としてではなく、自身の表現として発表しているところが近田さんの凄いところなのです。
そして、近田さんと言えば、80年代初頭、雑誌「ポパイ」のコラム「THE 歌謡曲」に始まり、現在、週間文春の長期連載『考えるヒット』にも繋がる、独自の音楽評論が音楽ファンを魅了し続けてもいます。作り手の思惑などの業界事情はもとより、リリースされた楽曲が今の世相に響くことの意味から、アーティストの生理に至るまでの筆致には、いつも物書きの端くれとしては脱帽なのですよ。
クラシック音楽はとても情報量の多い音楽だと思います。ポッブスと同様、いいメロディー、洒落た和音を含んでいますし、ロックが持つパワーやドラマチック性ももちろんある。DJ/クラブミュージックに至っては、DJのロングセットにおける構造は交響曲のそれに他大変に似ています。
しかし、それらの音楽と圧倒的に違う的も多々あり、そのふたつの観点から、一度クラシック音楽を考えてみたいと思っていたわけでして、近田さんの豊饒なポッブスアーカイブそして、「難解を上位に、軽さと解りやすさを下位に」置きがちな権威主義から全く自由な「近田耳」が果たしてクラシック音楽をどのように、感じていただけるのか?   興味は尽きません。
しかしながら、この回、私のクラシック選曲のセンスも大いに問われることになるので、全力を挙げて、近田さんの耳に届き、心に突き刺さるクラシック音源を選ぶ所存なーり!!
**********************************************************

12月22日(木)

爆クラ<第57夜>「考えるクラシック、を近田春夫さんと」

door open 19:15
start 20:00

前売り、当日共に 3,000+1D
学割 1,500+1D
場所: 晴れたら空に豆まいて【東急東横線代官山駅正面口徒歩2分/東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2 T. 03 5456 8880 F. 03 5456 8881】
http://mameromantic.com/?cat=6
ご予約
メールでのご予約
http://mameromantic.com/?cat=10
電話でのご予約
03-5456-8880
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
ゲスト:
近田春夫(ちかだはるお)
日本のミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー、音楽評論家、タレントである。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部ポピュラーカルチャー学科音楽コース教授。大学在学中よりバンド活動を始める。ロックンロール、歌謡曲、CM音楽、ヒップホップ、サイトランスなどなど、そのつど好奇心のおもむくまま、作詞、作曲、編曲、ライブ活動を行っている。アルバムは、近田春夫 『天然の美』、ビブラトーンズ 『VIBRA-ROCK』、President BPM featuring TINNIE PUNX and F.O.E 『HEAVY』など。著作に『気分は歌謡曲』(インターソング / 雄山閣出版)、『考えるヒット』(文藝春秋)、『定本 気分は歌謡曲』(文藝春秋)、『僕の読書感想文』(国書刊行会)ほか。連載『考えるヒット』 週刊文春、レギュラー番組『ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?』NHKラジオ第一放送
席亭
湯山玲子(ゆやまれいこ)
著述家。著作に『女ひとり寿司』(幻冬舍文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(ワニブックス)、上野千鶴子との対談集「快楽上等!  3.11以降の生き方」(幻冬舎)。『文化系女子という生き方 ポスト恋愛時代宣言』(大和書房、『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』(kadokawa)等。近著に二村ヒトシとの対談『日本人はもうセックスしなくても良いかもしれない』(幻冬舎)。父君がクラシック作曲家、湯山昭という環境に育ちつつも、ハマったのはクラブミュージックで、著書『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)は、クラブ文化を都市や歴史風土の観点から分析、論考を行った。日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。
Read more...
2016年12月10日土曜日
2016年12月6日火曜日

2016年12月6日

17時から、ショップチャンネル(CS055)にて、私メがデザインしている、「ブラックドレスの新しい提案」たるShe is so Tonyの新作お披露目があります。
超カッコいいし、ふっとりさん仕様(湯山だから当たり前だ!)なので、ご注目あれ。私自身が着たい洋服をつくってみました。
特にオススメは今私が着ているコート。



http://www.shopch.jp/BrandPrdShow.do?brandCode=07530
Read more...
2016年12月4日日曜日

2016年12月4日2


思えば、先週は菊地成孔ウィークでした。なぜなら、一週間に二回も会ってたからw。まずは、私が多分世界一のファンであろうという彼のオルケスタ・ユニットであるぺぺ・トルメント・アスカラールがMotion Blue Tokohamaにて、ななんと、日本ジャズ史上初めてなんじゃないのか、というディナーショウ。

題して『晩餐会 裸体の森へ』。オマールエビのポシェとホタテ貝のマリネはパッションフルーツのビネガーとスモーク風味の陰りと苦みが、見事にマコン・べロンヌ・ヴィエイユ・ヴィーユのほろ苦さに受け継がれて、たとえて言うなら、中高年のプラトニックラヴ系。メインの鹿肉ロティーはプラリネとマロンの官能三姉妹の濃厚なさざ波攻撃に、キュベ・ジュテームの助っ人が入って永遠にその愛撫が継続されるように!

ディナーショウの本当の意味は、こういうことでしょ! ぺぺの音楽をシェフがこういう風に二皿に集約したとしたら、これは凄い才能。お名前を伺ったら、鳩さんという女性シェフ。菊地さん、今後のこの企画はこの人、離しちゃダメ。いや、それよりも音楽と料理の会、というものは、よくある名人集めてみました系のコラボではなく、徹底的に追求する本とかなり凄いことが出来るのだという確信。爆クラ! でも、近い将来やってみる所存。

続くぺぺの演奏は、料理の余韻の快感の翼にも乗って、屈指の出来。菊地さんのサックスがちょっと拝見しない間にパワーアップし若返っていて、これは特別な薬でも飲んでいるのかと思いきや(あっ、漢方とかサプリの話ですよ)、後で楽屋で聞いたら、練習の成果だというオチ。ストリングスアンサンブルも、今まで1番良かったかも。

その翌日もまた菊地さん。今度は、映画『ブルーに生まれついて』のトークショー。司会役にお久しぶりの元eyescreamの編集長、稲田さん。チェット・ベイカーを描いたこの作品。イーサン・ホークがリアルにトランペットを吹いている、ということがまず凄い。

渡辺謙の英語といい、今ロードショウ中の音痴のソプラノ歌手を描いた『マダム・フローレンス 夢見るふたり』のメリル・ストリープの超絶リアル音痴歌唱といい、役者というのは、憑依させるようにいろんなスキルを手に入れちゃうところが凄いっすよねー。

菊地さん、腕に素敵なトライバル・タトゥーが入ってました。さすがですな。

 



  
Read more...

2016年12月4日1


12月1日は、11月に引き続いて、爆クラ!と新・江ノ島水族館のコラボ企画「水族館でクラシック」の12月選曲のお披露目トークショーでご出演でした。テーマはWhite Nightつまり、聖しこの夜。12月は忘年会シーズンでもあり、飲んだ後のほろ酔いの家路にもの凄く「冬の夜の美しさ」を堪能できる季節ですからね。

というわけで、この日の選曲のポイントはそこのところ。名曲揃いの「アヴェ・マリア」では、カッチーニとシューベルトを、現代に蘇ったカストラートと言えるスラヴァのカウンターテナーの美声で。後半はジャルスキーのヘンデル歌劇「アルチーナ」をセレクト。ヘンデル特有の華やかなポジティブ感がナイスな曲。

大好物のカラマーノフのピアノ協奏曲第1番。ドビュッシーからは、子どもの領分シリーズ。 富田勲もシンセカバーした、「雪は踊っている」の怪しい幻想性はこの作曲家の真骨頂のひとつ。聖、ベルリオーズの「幻想交響曲」のワルブルギスもトリに選曲。これは、ウツボだとか、タコだとか、ヌメヌメとした異形魚類たちにあわせてみました。

目の前には、相模湾の海中を移した大水槽。選曲のテーマはWhite Nightの聖夜で耳からはクラシック音楽。

私は茶の湯の客に招かれるのが好きなのですが(お教室っぽいヤツではなく)、まあ、大水槽の魚たちを掛け軸と花、松風のシュンシュンとした音をクラシックと見立てて、脳の中にどんなイメージが広がっていくのかを楽しんでいただけたらと思います。

12月中はこのイベント開催していますので、是非お運びアレ。


Read more...
2016年12月3日土曜日

2016年12月3日

富士山の真上を飛ぶスカイマーク淡路島行きfor断食道場byテレビのお仕事。凄い経験ですが、出張が多い人はしょっちゅう見ているんだろうね。ユーハイムのケーキを思い出しちゃった。フランクフルタークランツ?

Read more...
2016年12月2日金曜日

2016年12月2日

若者は悩んでますな!恋愛を因数分解せよ、が私の持論なので、予定調和を考えていたインタビュアーはめんくらったはす。

http://skynbun.jp/article/love-timeslip
Read more...

SKYNBUNにて記事掲載

恋愛タイムスリップ!湯山玲子の~あの頃私が若かった~ と題した記事が掲載されています。

コチラから
Read more...
2016年12月1日木曜日

2016年12月1日

これから、出演します。お近くの方は是非。新プログラムのテーマは、ホワイト・ナイト。つまり聖夜。トークは17時からと18時から。
カッチーニとシューベルトのアヴェマリア。フォーレのレクイエム、カラマーノフのピアノ協奏曲第1番。ヘンデル歌劇「アルチーナ」などなど。ヤバい曲を選曲しています。
Read more...
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings