Powered by Blogger.
 
2014年12月16日火曜日

「新ニッポン無責任時代 大忘年会」12/30恵比寿ガーデーンホールにて開催!


12月30日、年の瀬イヴにグラフィックデザイナーの信藤三雄さんと組んで、「新ニッポン無責任時代 大忘年会」を恵比寿ガーデンホールにて行います。
音楽好きにはたまらない面子が出演するのですが、何と言っても注目は、八代亜紀さん!! 小西康陽さんのプロデュースでジャズアルバムを出したのは記憶に新しいのですが、なんとその御大がジャズコンボを引き連れて登場。
上手な歌手というものは、歌うその場の「地霊」を感じ取って、一期一会の歌唱を披露してくれる才能が備わっているものですが、八代さんはまさにそれ。NYはヴィレッジバンガードの録音、特に『Fly Me To The Moon』はこの世の声とは思われない凄さ。ナマ八代を体験する機会は、あまりないと思いますので、30日には恵比寿集結でゴー。
その他、クレージーケンバンドの横山剣さん、野宮真貴さん、北海道からアイヌ唱和のマレウレウ、スクーターズ、ホフディラン、キノコホテル、リトルクリーチャーズ、奇妙礼太郎、カリスマドットコム、ノエル&ギャラガー、コモエスタ八重樫などなど。
加えて、熟女がみなさんの人生相談にお付き合いする『越冬酒場』もございます。そこにはなんと、五時に夢中の岩井志麻子女子登場。
13時〜終電まで、出入り自由で、前売り5900円は超お買い得でっす。12/30のみそかイヴはけっこう、ぽっかり空いた「けっこう家でダラダラテレビを見がちな1日」に是非、恵比寿までお運びあれ〜。
Read more...
2014年11月26日水曜日

菊地成孔さんと12月3日(水)20時から渋谷ユーロライブでトークショーを行います。題して「不道徳音楽講座」。


菊地成孔さんと、12月3日(水)20時から、新しくできた渋谷のユーロライブでトークショーを行います。題して「不道徳音楽講座」。

爆クラはクラシックですが、こちらはもちろん、ジャズを含めポッブス全般。もちろん、テーマに沿って音楽を紹介していきますが、博覧強記かつ言葉の天才でもある菊地さんと、テーマについて大いに語ろうという試みです。

人生と新羅万丈にはすべてサウンドトラックをつけることができる、という信念! のもとの第一回目のお題は「食」。そう、菊地さんは「スペインの宇宙食」を上梓し、私の方は「女ひとり寿司」とふたりとも、食べることが大好き。そして、食べる対象をつい分析することも大好き。

レストランにつきもののBGMから、あの味を連れてくるこの一曲、『失われた時を求めて』の紅茶とマドレーヌ現象のそれぞれまで、食べること、食べもの、料理、味についてのあれこれ。アフターについ、寿司やステーキが食べたくなるだろう、いや、なってほしいものだ、という危険なセッションに是非!!!

チケットは下記のサイトから入って予約購入となります。

http://www.eurospace.co.jp/eurolive/
Read more...
2014年11月21日金曜日

『ビッチ』の上映会&トークショーの最終回が、11/23(日)の14時〜、四谷outbreak! で行われます。


拙書『ビッチの触り方』(飛鳥新社)を原案に、テレ東の現役女性ディレクター、祖父江里奈さんが監督し、私も構成として参加した、ドキュメンタリー風映画『ビッチ』の上映会&トークショーの最終回が、11/23(日)の14時〜、四谷outbreak! で行われます。
「隣の芝生はこんなに青かった?」これを観た女性いや男性の多くは、現在の女性が選択している性の多様性にきっと驚かれるはず。処女の会から、レンタル彼氏のリアル、60代の現役AV嬢、瀬戸内寂聴、上野千鶴子両氏の出演など、まー、自分としては、そういう特集号を編集した感覚でした。
ちなみに、本日金曜日の深夜TBSの『おーくぼんぼん』にもコメント収録出演したのですが、「性関係赤裸々女性」というコンセプトは、この映画が全てネタ的に先取りしていましたね。今話題の『テレクラキャノンボール』との合わせ鏡で観ると面白いと思います。
是非、お運びアレ。
http://www.randc.jp/artist/bitch/news_detail/1934/
Read more...
2014年11月12日水曜日

爆クラ第38回は11/18(火)「スカルラッティー・ゴーズ・エレクトロ! バロック音楽と電子音楽との蜜月」

Read more...
2014年11月8日土曜日

11月9日(日) F/T まなびのアトリエ 101年目の「春の祭典」に出演します。




10801673_980879508605114_8204770185823138602_n
明日ですが、注目のレクチャー演目を行います。フェスティバルトーキョーで白神ももこ×毛利悠子×宮内康乃による「春の祭典」。この間、爆クラでも出演いただいた、渡邊未帆さんとともに、ハルサイを徹底分析トーク。宮内さんに来ていただいて、ハルサイのサウンドドビートを自ら体験する合唱指導アリ。当日券ありなので、ぜひお運び下さい。
詳細は以下。
F/T まなびのアトリエ 101年目の「春の祭典」
http://www.festival-tokyo.jp/14/program/discover-atelier.html

 1913年5月パリで初演され、その衝撃的なサウンドと振付けから、20世紀芸術史上最大のスキャンダルとなったストラヴィンスキー作曲、ニジンスキー振付、バレエ・リュスによる「春の祭典」。
 初演から101年を迎えたこの秋、F/Tで、気鋭のアーティスト、白神ももこ(演出・振付)、毛利悠子(美術)、宮内康乃(音楽)が、新たな感性でこの作品を再生させるにあたって、「まなびのアトリエ」では、現代の目と耳と口で「春の祭典」をとらえなおします。 語り手は、作曲家湯山昭を父に持ち、カルチャー雑誌「ぴあ」で演劇担当を経験、現在はクラブカルチャーを経た耳にクラシック音楽の新たな聴き方の指標を打ち出す人気イベント「爆音クラシック」を主宰するなど、アート、ファッション、音楽、演劇、歌舞伎、漫画、料理・・・とさまざまなカルチャーを股にかけて活躍する「文化系女子リア充」の祖、湯山玲子。そして、本公演「音楽ドラマトゥルグ」を担い、「前衛音楽」の歴史的研究を基にクラシック音楽からの逆照射と現在のエッジの立ったアートパフォーマンスの衝突する地点を自らの現場としている渡邊未帆。
 この二人ならではの視点で、初演当時から規格外だった「春の祭典」を、その社会背景から、ジェンダーから、上演史から、演奏史から、音楽理論から・・・もろもろ解析し、さらには、みなさんで歌って(?)この作品のスゴさをイマココで体験してみようという企画です。


日時:2014年11月9日(日) 13:00~16:00
場所:東京芸術劇場 アトリエイースト http://www.geigeki.jp/access/
入場:無料(予約優先)
講師:湯山玲子(著述家)
進行:渡邊未帆(F/T「春の祭典」音楽ドラマトゥルク) 
※宮内康乃(作曲家)、つむぎね出演協力 急遽決定!

F/T『春の祭典』白神ももこ(演出・振付)×毛利悠子(美術)×宮内康乃(音楽)
東京芸術劇場 プレイハウス
11/12(水)19:30
11/13(木)19:30
11/14(金)19:30
11/15(土)15:00 
11/16(日)15:00
詳細はこちらから→
http://www.festival-tokyo.jp/14/program/the-rite-of-spring.html
Read more...
2014年10月19日日曜日

爆クラ第37回10/28(火)「混ぜるな危険! 容赦なきノイズ/アヴァンギャルドなクラシック」


本当はアブないクラシック音楽!!  クラシック、現代音楽の中からさらに、トランスする快楽を突き詰めた「それ、ヤヴァイんじゃないの」という、脳内系を大特集。民俗音楽のように祭りという名のバッファーが無いそれを爆音でかけた場合、何が聴衆に起こるのか?!!!  
爆クラがちまたのクラシック音楽紹介番組と違うところは、現代音楽がかかる確率が非常に高いところにあります。これ、世間一般では「騒音としか思えない」「わからない」として片付けられてしまっている現代音楽をきちんと「音楽」として受け止め、体験できる人間が少なくないということを意味します。
実は現代音楽はハイドンよりも着かけて親しまれているのではないか、とすら思うこの頃。しかしながら、ライヒやシュトックハウゼンが1.2曲ipodに入っている人も、今夜ばかりはご用心。
藝大音楽研究科を卒業し、卒論がズバリ「日本の前衛音楽」という、番組ディレクター&ライターの渡邊未帆さんが今回のゲスト。この度、FESTIVAL / TOKYO14FE「春の祭典」 で一緒にブレ・レクチャーを務めるご縁でそのアーカイヴセンスに驚愕した若者で、彼女が徹底的に現代音楽、クラシックの中でのノイズ、トランス、アヴァンギャルドを追求します。
ライヒやシュトックハウゼンが1.2曲ipodに入っている人も、今夜ばかりはご用心。藝大音楽研究科を卒業し、卒論がズバリ「日本の前衛音楽」という、番組ディレクター&ライターの渡邊美帆さんのアーカイヴはもうもう、ハンパじゃない。

彼女がメールで送ってきた、選曲ブランを見ると、ラージュ/13世紀後半の阿片についての作品、イトウ・テイジ/映像作家マヤ・デレンの18歳年下の夫の日本人音楽家、ヴードゥ教にはまってハイチで客死、クセナキス/ペルセポリス 高橋悠治によるとこの作品を上演中に気が狂って死んだ人がいるらしい・・・・、12世紀ノートルダム楽派のレオナン、ペロタン、ヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガー/口琴とマンドーラのための協奏曲、モーツァルト「ハーディー・ガーディのための協奏曲」、アブダラ・シャヒーン/レバノンの4分音ピアノなどなど未知の音響がてんこ盛り。

レゲエのダブサウンド、モロッコの民俗音楽ジャジューカ系が好きな人は、全員集合。当日、ブッ倒れないように(マジ)心してご来場下さい。
 
●予定の作曲家たち
ソラージュ/イトウ・テイジ/夏田昌和/クセナキス/スティーヴ・ライヒ/ラ・モンテ・ヤング/フレデリック・ジェフスキ/コンロン・ナンカロウ/ジョージ・アンタイル/ヴァレーズ/ルッソロ/リュック・フェラーリ/アルヴィン・ルシエ/アルブレヒツベルガー
あとは、当日のお楽しみ。
予約を是非
http://shinsekai9.jp/2014/10/28/bakukura37/
***************************************************************************
爆クラ第37回「混ぜるな危険! 容赦なきノイズ/アヴァンギャルドなクラシック」
11月28日(火)
音楽実験室 新世界【六本木通り沿い。西麻布と六本木の間、旧ディスコa-lifeの並び】
http://shinsekai9.jp/map/
door open 19:15
start 20:00
料金;¥3,000+ドリンクオーダー
¥1,500+ドリンクオーダー(学割)
ゲスト
渡邊未帆(わたなべ みほ)
300987_269000539793018_100000492210967_1107563_2193860_n
1979年生まれ。東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程修了、「日本の前衛音楽」をテーマに博士号(音楽学)取得。東京藝術大学音楽環境創造科助手を経て、早稲田大学非常勤講師。また、TOKYO FM系列衛星デジタルラジオ放送「MUSIC BIRD」のクラシック、ジャズ番組の制作、ディレクター、音楽雑誌や書籍の編集、執筆などを行う。FESTIVAL / TOKYO14では、白神ももこ(演出・振付)× 毛利悠子(美術)× 宮内康乃(音楽)「春の祭典」 の音楽ドラマトゥルクを務める。



Read more...
2014年9月25日木曜日

爆クラ <第36夜>「CMがクラシック音楽のパトロンだった時代」ゲスト:吉江一男(ミスターミュージック社長)



Yoyo-ma龍安寺

ギョーカイ人、文化系必見のクールジャパンな音楽史。

ショパンのピアノ前奏曲第7番イ長調作品28ー7番といえば、すでに私たちの耳には太田胃散のCMソングとしてきこえてきてしまいます。ハイドンの交響曲「驚愕」の第二楽章だって、その響きは、あっ、「麺の達人」だ。というように、知らぬ間に、CMに使われて、耳に親しいものになっているクラシック音楽。

思えば、クラシック音楽の発注元は、教会→王侯貴族、20世紀になってからは、レコードやCDを買い、コンサートに行く大衆と推移してきました。共産圏のように、文化政策としての国家というのもあります。しかし、日本は高度成長期とバブルいう好景気の中で、広告宣伝であるCMが、ともすれば、狭い世界でしか聴かれることがない現代音楽、クラシック音楽のパトロンになり、紹介者だったということは、に知っておくべき音楽文化史のひとつなのです。


今回のゲストである、ミスターミュージック社長の吉江一男さんは、冬のリビエラ」、武田鉄矢&芦川よしみの「男と女のラブゲーム」などCM発の大ヒットを多く世に出してきた吉江さんはまた、クラシック、現代音楽を積極的にCMに起用してきた張本人。


コンセプチュアルな現代音楽作曲家たちが、CMのお題にどう回答を出してきたのか?  その現場はどうだったのか? という生の証言とともに、吉江さんの貴重な映像、音楽アーカイヴをお蔵出ししていただく、またとない一夜。

ギョーカイ人、いや文化系を自認する人間にとって、「知っておくべき音楽教養」である、日本のCMクリエイティブとクラシック音楽の関係を紐解いていきます。

教養としてのクラシックではなく、クラブカルチャーを経た耳を持つ人にこそ体験してほしい、この爆音音浴。生演奏がデフォルトだけれど、録音とオーディオという現代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能して下さい。

予約は以下のサイトをポチって下さい。

http://shinsekai9.jp/2014/10/01/bakukura36/

参考資料↓

マーラーの「大地の歌」をまんまテーマにし、マーラーブームの一端を担ったCM

http://www.bing.com/videos/search?q=サントリー 大地の歌&go=送信&qs=n&form=QBVR&pq=サントリー+大地の歌&sc=0-8&sp=-1&sk#view=detail&mid=EB9F3E9BBE144469BB94EB9F3E9BBE144469BB94

*******************************************************************

爆クラ <第36夜>



10月1日(水)

音楽実験室 新世界【六本木通り沿い。西麻布と六本木の間、ディスコa-lifeの並び】

door open 19:15
start 20:00


料金;¥3,000+ドリンクオーダー
¥1,500+ドリンクオーダー(学割)

予約は以下のサイトをポチって下さい。
http://shinsekai9.jp/2014/10/01/bakukura36/


ゲスト
吉江一男

プロデューサー/(株)ミスターミュージック代表取締役

1948年東京生まれ。10才で突然音楽に目覚め器楽合奏や合唱に入れ込む。高校時にはビッグバンドを結成。自己流アレンジに限界を感じて本格的に作編曲法の勉強を始める。八木正生に師事し、20才でCM音楽制作会社ARAに入社。1970年ネスカフェ・ゴールドブレンド「ダ・バ・ダ」やフジテレビ「あしたのジョー」でプロデューサー・アシスタントとディレクターを経験し、72年渡米までの3年間に500本の制作をする。78年(株)ミスターミュージック設立。ヒップホップ、テクノ、パンクなど
当時のムーブメントをCMから発信するべく。加藤和彦、坂本龍一、近田春夫らを巻き込み斬新なCM音楽を制作。86年、ルーツであるクラシック魂から、間宮芳生、藤井渓子、新垣隆、杉山洋一、一ノ瀬響など、現代音楽の作曲家達を積極的にCMに起用した。ジョン・ケージが審査員参加した「MUSIC TODAY 10周年記念」のグランプリ受賞者中川俊郎は専属作曲家である。代表的なプロデュースCM音楽作品としては、冬のリビエラ(森進一)、色彩都市(大貫妙子)、男と女のラブゲーム(武田鉄矢&芦川よしみ)、いつまでも変わらぬ愛を (織田哲郎)、揺れる想い (ZARD)、小学館ピッカピカの一年生 (作曲)など。
Read more...
2014年8月17日日曜日

爆クラ 第35夜「クラシック音楽、2014年半ばのトレンド報告」




Img55627367
12年ぶりに拡大発展の星である木星が、獅子座に入ったことで、もともとは王侯貴族が宮廷文化のDNAが根深いクラシックがその影響を受けないはずがない!!! 

爆クラゲストとしては第二回目。長年カルチャー雑誌でロックやファッションという時代と寄り添う表現と相対し、近年はそのジャーナリスティックな視点でクラシック音楽フィールドで活躍中のライターの小田島久恵さんをお呼びして、「今、世界と日本のクラシック音楽界では何が起こっているのか?」の最新トレンド報告と分析を、音源付きで語っていただきます。

 先日亡くなったブリュッヘンをはじめ、年明けからアバド、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス、マゼールなど高齢の世界的マエストロが立て続けに鬼籍に入ってしまわれた2014年は、クラシックにとって大いなる世代交代の年かも!!

 特に表現芸術に多大な影響を与えているyoutubeのクラシック動向。「気になった曲があれば、すぐにそれを確認できる」「演奏の聴き比べができる」ということで、クラシックの普及に非常に役立っていることは言わずもがな。若手の演奏家は、自身のPVをアップして、新たなファンを獲得していたりもします。

一方、指揮者に照準を当てると、特にオペラ指揮者の若年化が顕著で、20代でオペラを振ってる人もザラ、というのが昨今の傾向。同世代でファンになって、一緒に年齢を重ねていく、などという、まるで現在の寿司業界同様のことが、クラシックの世界同様に起こっているのです。

久々のスター指揮者との呼び声が高い山田和樹などなど、海外で活躍する日本人演奏家をはじめ、芸術監督が替わったスカラ座、そして、新国立劇場などが目指す表現の方向性は?!
参考資料↓



ファンの高齢化を含め、クラシック音楽が抱える問題を、等の演奏家や業界はどのように打破しようとしているのか、という試みは、歴史と伝統がある表現ジャンルすべてに共通の話題でもあります。

 教養としてのクラシックではなく、クラブカルチャーを経た耳を持つ人にこそ体験してほしい、この爆音音浴。生演奏がデフォルトだけれど、録音とオーディオという現代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能して下さい。
 ************************************************************************
8.27(水)
ゲスト小田島久恵
席亭:湯山玲子
 場所: 音楽実験室 新世界【六本木通り沿い。西麻布と六本木の間、ディスコa-lifeの並び】
開場:19:15、開演:20:00

料金
¥3,000(税込み)+ドリンクオーダー
¥1,500(税込み)+ドリンクオーダー(学割)

ゲスト:小田島久恵
おだじましゃしん
音楽ライター。クラシックを中心にオペラ、演劇、ダンス、映画に関する評論を執筆。歌手、ピアニスト、指揮者、オペラ演出家へのインタビュー多数。オペラの中のアンチ・フェミニズムを読み解いた著作『オペラティック! 女子的オペラ鑑賞のすすめ』(フィルムアート社)を2012年に発表。趣味はピアノ演奏とパワーストーン蒐集。



Read more...
2014年7月24日木曜日

『GOETHE』|坂本龍一×湯山玲子 「男女公論」


雑誌『GOETHE』(幻冬舎 毎月24日発売)
坂本龍一×湯山玲子「男女公論」
2010年8月号〜2014年9月号で連載しました。


commmons連載時代の記事はこちらをどうぞ。
Read more...
2014年7月9日水曜日

爆クラ <第34夜>「劇的空間に、クラシックはお呼びでない? のか! ゲスト:三浦康嗣(□□□<クチロロ>)」

D80_4265




7/24(木)の爆クラは、三浦康嗣さんの登場です。まー、三浦さんと言ったら、Jポップの最終進化形とも称される □□□(クチロロ)を主宰し、岸田戯曲賞受賞作『わが星』の音楽を担当するなど、この時代の真のクロスジャンルの実行者。

彼と語るのは、「今の主流である、なーんにも起こらない演劇やパフォーマンスに、果たしてクラシックは添うことができるか?」という件。クライマックスにキングクリムゾンかけときゃオッケーだった演劇は、現在もの凄く音楽の一が重要になっています。そこんとこに、クラシックは果たして「使っていただけるのか?!」問題。

演劇を始めとして様々なアートの主流は、クライマックス、ドラマティック無きポストドラマ時代。わかりやすく言えば、お涙ちょうだい拒否。爆クラでも何度も話題に上がる、非ロマン主義とポリフォニー感覚礼賛の現代クラシック耳にも繋がる話です。

 しかーし、「もうそれは飽きたぜ」という感じもあり、たとえば、小劇場系演劇の繊細で微妙な温度感を、ベートーベンやマーラーの音楽に添わせられるのか? 「いやいや、ダメに決まっているじゃん」と誰しもが思うところを、そうじゃない可能性も含め、今回は追求していきます。
参考資料↓
 マリア・カラス/ケルビーニ「メデア」


Arnold Schoenberg: Suite per pianoforte op.25 (1921)



岸田戯曲賞受賞作『わが星』のまるで役者や装置の一部のように食い込んだ音楽世界を創り、いとうせいこうも加入した、彼主宰の □□□ でアルバム『ヒップホップの経年変化』を打ち出した、三浦さんによる、言わば「クラシックの経年変化」。

特に、演劇、映画、小説、パフォーマンスに興味がある方々、是非にお運びあれ!

 教養としてのクラシックではなく、クラブカルチャーを経た耳を持つ人にこそ体験してほしい、この爆音音浴。生演奏がデフォルトだけれど、録音とオーディオという現代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能して下さい。


●予定の作曲家たち

リヒャルト・シュトラウス
クルト・ワイル
ケルビーニ
シェーンベルク
バッハ 

あとは、当日のお楽しみ。

***************************************************************
爆クラ <第34夜>「劇的空間に、クラシックはお呼びでない? のか! ゲスト:三浦康嗣 (□□□<クチロロ>)」

http://shinsekai9.jp/2014/07/24/bakukura34/
(このサイトから予約をお願いします)

7月24日(木)

音楽実験室 新世界【六本木通り沿い。西麻布と六本木の間、ディスコa-lifeの並び】

door open 19:15
start 20:00


料金;¥3,000+ドリンクオーダー
¥1,500+ドリンクオーダー(学割)


ゲスト:
三浦康嗣
みうらこうし
□□□(クチロロ)主宰。スカイツリー合唱団主宰。
平井堅、m-flo、RYO the SKYWALKER、土屋アンナ、野宮真貴、bird、坂本美雨、MEG、環ROY、私立恵比寿中学等様々なアーティストの楽曲提供、プロデュース、リミックスや様々なウエブサイト、CM音楽監督と制作、昨年のカンヌ広告祭サイバー部門銀賞受賞、今年のD&ADイエローペンシル受賞した『TOKYO CITY SYMPHONY』の音楽監督、岸田戯曲賞受賞作『わが星』の音楽担当、「音楽劇ファンファーレ」の音楽・演出等々。RISING SUN ROCK FESTIVAL等の大型音楽フェスやLow End Theory等のクラブイベント、吾妻橋ダンスクロッシング等の舞台/ダンス/美術/演劇的イベントまで縦横無尽に活動する唯一無二の存在。


Read more...
2014年6月11日水曜日

爆クラ第33夜『小西康陽 TOKYOの合唱』




Pizzicato1_konishi

日本人作曲家による日本語の合唱。一度はやりたかったこのテーマに肉薄するゲストは、渋谷系を世界に轟かせ、プロデューサー、DJとして、独自のワールドを表現し続けている小西康陽さん。音楽に関して多くの言説のある彼も、「合唱曲」を語ることは非常に珍しいのではないかという、必見の会です。

日本人は合唱に最も親しんでいる国民とも言えます。クラスごとの合唱祭を通年の学校行事として行っていたり、部活動の合唱も盛んで、全国レベルの合唱コンクールに力を入れている学校も大変多いのです。その反面、クラシックの音楽ジャンルとしては、歌うネタとしてだけ考えられて、それを作品として”聴く”機会は実はあまりない、という鬼っ子的存在でもあったりもする

参考資料↓


考えてみれば、人の声とハーモニーと歌詞の世界という、ポップスの三大柱がすべてそろっているのが合唱曲。「知らない曲がすでに世界には存在しないのでは」というほどのレコード番長としても知られる、小西康陽さんが、その魅力をどう分析、紹介していただけるのか?  また、ポップス/クラブミュージック耳から見た、合唱の今後の可能性とは?!

タイトルの『TOKYOの合唱』とは、自身の手になるエッセイ集と楽曲、小津安二郎の映画のそれですが、「合唱」という音楽表現の魅力とともに、その語感やスタイルが持つ文化的な意味も探っていきます。

ピチカートファイヴを主催し、このコンセプトと楽曲が世界のポップスシーンに多大な影響を与え、最近では八代亜紀のジャズアルバムをプロデュースするなど、 音楽界にはっきりと小西ワールドを造り上げている才人による、「日本人作曲家の日本語による合唱」の魅力のすべて。

教養としてのクラシックではなく、クラブカルチャーを経た耳を持つ人にこそ体験してほしい、この爆音音浴。生演奏がデフォルトだけれど、録音とオーディオという現代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能して下さい。

***************************************************************
爆クラ <第33夜>「小西康陽 TOKYOの合唱」
6月26日(木)
音楽実験室 新世界【六本木通り沿い。西麻布と六本木の間、ディスコa-life並び】
door open 19:15
start 20:00
料金;¥4,300(消費税込み)+ドリンクオーダー
¥2,000(消費税込み)+ドリンクオーダー(学割)

予約を是非
http://shinsekai9.jp/2014/06/26/bakukura33/

ゲスト: 小西康陽
1959年、北海道札幌生まれ。1985年にピチカート・ファイヴでデビュー。豊富な知識と独特の美学から作り出される作品群は世界各国で高い評価を集め、1990年代のムーブメント“渋谷系”を代表する1人となった。2001年3月31日のピチカート・ファイヴ解散後は、作詞・作曲家、アレンジャー、プロデューサー、DJとして多方面で活躍。2011年5月には「PIZZICATO ONE」名義による初のソロプロジェクトとして、アルバム「11のとても悲しい歌」を発表。2012年10月発売の八代亜紀「夜のアルバム」ではアルバムプロデュースおよびアレンジを担当した。著書に片岡義男と共著の「僕らのヒットパレード」ほか。



Read more...
2014年5月3日土曜日

爆クラ4/20(火) <第32夜>「フーガの美学 by中島ノブユキ」

5.20nakjiman-233x155




クラシックにはフーガという技法があります。何かと言えばこれ、ひとつのメロディーが、違う音の高さに順々に、そして時には装飾されて順々に現れる技法。バロック音楽に多用された音楽の形式ですが、不思議とクラブDJのミックスの手法にも似ていたり、抽象絵画のバターンを思い起こさせたり、サイケデリックな時間を感じさせられることもある、古くて超新しい音楽スタイルなのです。

ゲストはジェーン・バーキンワールドツアーの音楽監督/ピアニストを勤め、NHK大河ドラマ『八重の桜』の音楽をはじめ、映画音楽や菊地成孔ら様々なジャンルの作、編曲を手がける中島ノブユキさん。クラブミュージック関係者及び音楽ファンは知っておいた方がいい、要チェックレクチャー。音大級の知見をこの際、バッチリ手に入れましょう。

すんごくわかりやすい参考資料↓
バッハ フーガ BWV 578

バッハの平均律集に代表されるフーガという形式と構造の魅力。構築的と考えられがちなフーガの構造がいかに自由な形を持っているのか。そしてその建築的な音楽からかくも豊かな感情が表出するのか。(フーガの構造は必ずそうですが)最初に提示される単旋律がいかにして響きの装いを変えながら次々と現れてくるのか、また旋律がどのように楽曲の中に編み込まれているのかを楽譜や図形なども用いて解説。

爆音で聴ければ編まれた旋律も追いやすい!楽曲例としてはバッハ、ベートーベン、ショスタコービッチ、カプースチン、中島ノブユキさんの自作曲、などなど。

教養としてのクラシックではなく、クラブカルチャーを経た耳を持つ人にこそ体験してほしい、この爆音音浴。生演奏がデフォルトだけれど、録音とオーディオという現代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能して下さい。

***************************************************************************
爆クラ <第32夜>「フーガの美学 by中島ノブユキ」
4月20日(火)
音楽実験室 新世界【六本木通り沿い。西麻布と六本木の間、ディスコa-life並び】
door open 19:15
start 20:00
料金;¥3,300(消費税込み)+ドリンクオーダー
¥1,600(消費税込み)+ドリンクオーダー(学割)
予約を是非
http://shinsekai9.jp/2014/05/20/bakukura32/

ゲスト中島ノブユキ
1969年生まれ。日大藝術学部卒業後、渡仏しパリで作曲を学ぶ。自身のアルバムとして『エテパルマ』『パッサカイユ』『メランコリア』『カンチェラーレ』等を発表。2014年、ピアノソロアルバムとしては二枚目となる『clair-obscur』をリリース。作曲家としては主に、映画「人間失格」、アニメーション「たまゆら」の音楽、NHK-BSプレミアム「旅のチカラ」(2011年~)のテーマ音楽『その一歩を踏み出す』等。2013年 NHK大河ドラマ「八重の桜」の音楽を担当した。
2010年、タップダンサー熊谷 和徳と東京フィルハーモニー交響楽団が東京オペラシティコンサートホールに於いて共演した舞台作品「REVOLUCION」で音楽監修/作曲、オーケストレーションを担当。2011年4月6日に渋谷クラブクアトロで行われた震災復興支援チャリティーコンサート「Together for Japan」でジェーン・バーキンの伴奏ピアニストを務めたことをきっかけに、2011年10月から2013年7月にかけて、ワールドツアー「Jane Birkin sings Serge Gainsbourg “VIA JAPAN”」の音楽監督/ピアニストとして参加。(アメリカ、カナダ、欧州、オーストラリア、韓国、日本など27ヵ国、約80公演)
2012年、"une petite fille"を Jane Birkin+ Nobuyuki Nakajima 名義でkuzunawarld.org(被災地の一日も早い復旧・復興を支援するために坂本龍一と平野友康が発起人となったプロジェクト)より配信。東京・馬喰町のカフェ、フクモリにて自身のピアノ定期演奏会”pianona”を行っている。「24のプレリュードとフーガ」の作曲をライフワークとしている。




Read more...
2014年5月1日木曜日

2014年5 月 1日 (木)


この週頭、名番組『五時に夢中』にVTR出演してきました。敬愛する岩井志麻子嬢と中瀬ゆかり嬢の名コンビが際立つ木曜に参加できて、光栄の至り。しかし、書き下ろしの新刊『文化系女子の生き方 ポスト恋愛時代宣言』(大和書房)http://www.amazon.co.jp/文化系女子という生き方~「ポスト恋愛時代宣言」-~-湯山-玲子/dp/4479392556ではなくて、やっぱり『四十路越え!』関係の方。

世の中は、人口様態とともに動いているというのは本当で、団塊ジュ二アというマスが消費や世間の空気を決めているわけです。そうしたら、今度は彼らが五十路にさしかかったら、「五十路越え!」を書く日も近いと思っているのですが、そんな折、本日の取材は、女性セブンが近々出す五十代女性のためのMooks本でした。

さて、五十路越えは何が待ち構えているかと言えば、現状、はっきり言えることは、「寝たきり老人」になりうる体感がリアルに生まれる、と実感しています。なので、本当に身体操法、健康法は、心してコストと時間をかけねばならぬ、わけです。

といいつつ、昨日はイベントの後、深夜まで深酒して大騒ぎしたのですが、この自由を支える身体と精神が、私は欲しいんですね。

ヤマザキマリさんのイタリア家族レポ漫画の中に、老境のご家族メンバーがニューイヤーパーティーで、多いに羽目を外す様子が描かれていますが、まあ、それを可能にする下準備が始まったというわけです。
Read more...
2014年4月19日土曜日

湯山玲子 × ヤマザキマリの「ああ、禁断の男性論」4月20日13時〜


文化系女子をリア充と非リア充に分けた場合、希少種は前者。これ、アーティスト側も同じで、私のインタビュー経験上、人生上筋力体力あるタイプは、一条ゆかりさん、蜷川実花さん、池田理代子さんなのですが、「テルマエロマエ」の作家、ヤマザキマリさんは確実にそのラインに殿堂入りするタイプと見た!! 今回発売が前後しちゃったけれど、次の書き下ろしは私も「男性論」。下ネタセンスが抜群に上手かったテルマエロマエ。爆笑下ネタができる人は、私の中で教養最高峰と位置づけさせていただいているので、お話しするのが本当にたのしみです。

情報量が多い、みなさまのお役に立つトークになると思いますので、是非、お運びアレ。
 
http://ilca.asia/school/2752/
 

Read more...
2014年4月15日火曜日

湯山玲子 × ヤマザキマリの「ああ、禁断の男性論」|イルカの学校

イルカの学校一周年記念特別講座
湯山玲子 × ヤマザキマリの「ああ、禁断の男性論」

「テルマエ・ロマエⅡ」公開直前のヤマザキマリさんと初ジョイント。男性論を中心に「女」「男」「仕事」「恋愛」「アート」などなど、お話する予定です。

Read more...

湯山玲子×宮台真司トークイベント「文化系女子の生き方」

5月10日(土) 腐女子とリア充は両立できる!  湯山玲子×宮台真司トークイベント「文化系女子の生き方」

Read more...
2014年4月9日水曜日
2014年3月30日日曜日

爆クラ第31回×Dommune|冨田勲ダイヴ ~ スケールと官能の音楽


爆クラ第31回目は、4月2日(水)21:00〜24:00 Dommuneとのコラボで、なななんと、敬愛する作曲家・冨田勲さんをゲストにお送りします。
Read more...
2014年3月12日水曜日
2014年2月14日金曜日

2.27(木) 野宮真貴さんと三菱一号館美術館でのミニライブ付きトークショー


 野宮真貴さんと三菱一号館美術館でのミニライブ付きトークショー、発売当初、アクセスが集中でつながらなかったようですが、そのおかげでまだお席に余裕があります。
Read more...

爆クラ第30夜「 岡村靖幸のクラシック官能教育 助っ人moderater大谷能生参加の巻」

 

岡村スクリーン

クラシック音楽を爆音で聴く「爆クラ」。ゲストに迎えるのは、唯一無比の存在感で、男の子と男、そして恋愛を表現し続ける岡村靖幸さん。
Read more...

爆クラ第30夜「 岡村靖幸のクラシック官能教育 助っ人moderater大谷能生参加の巻」


岡村スクリーン



今回は新世界のメール受付予約のみで定員後締め切りになります。2月17日(月)昼12;00より、以下のサイトの期日欄に予約ボタンが設置されますので、そこにエントリーして下さいませ。(予約一回につき二名様までお取りできます) http://shinsekai9.jp/


クラシック音楽を爆音で聴く「爆クラ」。ゲストに迎えるのは、唯一無比の存在感で、男の子と男、そして恋愛を表現し続ける岡村靖幸さん。その、官能とセクシーの探求者にクラシック音楽の官能テクスチャーをぶつけてみたら、どうなるか?トークゲストに大谷能生さんを呼んで、浮き彫りにするクラシックの官能性。

官能的という言葉はクラシック音楽を語るときに、わりとよく使われる表現です。しかし、その官能性の正体は、ポピュラーミュージックにおけるほど細かく分析されてはいません。感情に響くのか、腰にクルのか、初恋のウズウズ感か、嘘でもいいから騙してほしい感なのか、はたまた、絶頂感なのか・・・。

メロディーやハーモニー、そして、音色のどこに官能が潜んでいるのか。  青春や恋愛のデリケートな心証とセンシュアルな肉体性が同居する表現で、カリスマ的な人気を誇る岡村靖幸さんをゲストに、助っ人モデレーターとして「男の恋愛心に関しては俺にまかせたおけ」の大谷能生さんが、お得意分野のジャズ方面からの感性とともに、席亭湯山の助っ人として参加。二人がかりで、岡村さんとクラシック音楽の出会いから浮き彫りになるクラシックの官能性を探っていきます。

  教養としてのクラシックではなく、ドミューンに親しんだクラブ耳を持つ人にこそ体験してほしい、この爆音音浴。生演奏がデフォルトだけれど、録音とオーディオという現代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能して下さい。
******************************************************************************************************
 Yuyama Reiko presents
爆クラ 第30夜「 岡村靖幸のクラシック官能教育 助っ人moderater大谷能生参加の巻」
 2月21日(金)
音楽実験室 新世界【六本木通り沿い。西麻布と六本木の間、ディスコa-lifeの並び】 door open 19:15 start 20:00
料金;¥4500+ドリンクオーダー ¥2000+ドリンクオーダー(学割) 今回は予約受付先着順とさせていただきます。
2月17日(月)昼12;00より、以下のサイトの期日欄に予約ボタンが設置されますので、そこにエントリーして下さいませ。
(予約一回につき二名様までお取りできます)
http://shinsekai9.jp/
定員に達したところで、締め切りとなります。
ゲスト: 岡村靖幸 ゲストモデレーター:大谷能生
ゲスト
岡村靖幸
1965年生まれ、神戸出身のシンガーソングライター。作曲家としての活動を経て1986年にシングル「Out of Blue」でデビュー。R&Bやソウルミュージックを昇華したファンキーなサウンド、青春や恋愛の機微を描いた歌詞などが支持され、熱狂的な人気を集める。90年代以降は作品発表のペースを落とし表舞台から姿を消すが、他アーティストへの楽曲提供やプロデュース活動は継続する。2004年には約9年ぶりのアルバム「Me-imi」をリリースし全国ツアーも実施。2011年8月にアルバム「エチケット」を2枚同時リリースし、2013年10月に6年ぶりのニューシングル「ビバナミダ」を発表した。

ゲストモデレーター
大谷能生
1972年生まれ。批評家、音楽家。96年~02年まで音楽批評誌「Espresso」を編集・執筆。様々な雑誌、webへの執筆・寄稿を行い日本のインディペンデントな音楽シーンに深く関わる。2004年9月、菊地成孔との共著『憂鬱と官能を教えた学校 【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史』(河出書房新社刊)を上梓。2004、2005年と同氏と共に東京大学教養学部にて講義 を担当。『東京大学のアルバート・アイラー 歴史編』『同 キー ワード編』(菊地成孔・大谷能生/メディア総合研究所)として書籍化される。他に、『日本の電子音楽』(川崎弘二著 大谷能生協力/愛育社)、『200CDジャズ入門200音楽書シリーズ』(200CDジャズ入門編纂委員会編/学習研究社刊)等。2007年9月に月曜 社から初の単独批評単行本『貧しい音楽』刊行予定。音楽家としては、sim、masなど多くのグループに参加。2006年12月にはソロ・アルバム『「河 岸忘日抄」より』(原作:堀江敏幸)をHEADZからリリース。その他さまざまなセッションで演奏を行っている。2007年には待望の第一批評集『貧しい音楽』(月曜社)を上梓。2008年には 菊地成孔と共著で待望の『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』(エスクアイア マガジン ジャパン)を発表。また、2008年には 第二批評集『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』(メディア総合研究所)も発表された。
Read more...
2014年2月8日土曜日

植島啓司×湯山玲子対談 最終回 ぼくたちはとことん遊び尽くしたい

特集<気持ちのいいことが、好き。>
植島啓司×湯山玲子対談
「“官能”と“快楽”の回路を開くために」
最終回 ぼくたちはとことん遊び尽くしたい
植島 啓司/湯山 玲子

記事はこちら
Read more...
2014年2月6日木曜日

植島啓司×湯山玲子対談 第4回 男と女もっとベタベタしよう!|幻冬舎plus

特集<気持ちのいいことが、好き。>
植島啓司×湯山玲子対談
「“官能”と“快楽”の回路を開くために」
第4回 男と女もっとベタベタしよう!
植島 啓司/湯山 玲子

記事はこちら
Read more...
2014年1月29日水曜日

植島啓司×湯山玲子対談 第3回 いまどきの男に必要なのは可愛げだけ|幻冬舎plus

特集<気持ちのいいことが、好き。>
植島啓司×湯山玲子対談
「“官能”と“快楽”の回路を開くために」
第3回 いまどきの男に必要なのは可愛げだけ
植島 啓司/湯山 玲子

記事はこちら
Read more...
2014年1月23日木曜日

爆クラ <第29夜>「向井山朋子 ピアニストの明日はどっちだ?!」

0 コメント

 1.27mukaiyama-233x173
クラシック音楽と言えば、すぐに思い起こすのがピアノという楽器。
Read more...
2014年1月19日日曜日

植島啓司×湯山玲子対談 第2回 気持ちのいいことになぜ、罪悪感を抱くのか?|幻冬舎plus

特集<気持ちのいいことが、好き。>
植島啓司×湯山玲子対談
「“官能”と“快楽”の回路を開くために」
第2回 気持ちのいいことになぜ、罪悪感を抱くのか?
植島 啓司/湯山 玲子

記事はこちら
Read more...
2014年1月14日火曜日

ひさしぶりに開催した「美人寿司」(BLOGOSメルマガ:湯山玲子の「リアルワールドの歩き方」)

BLOGOSメルマガ『湯山玲子の「リアルワールドの歩き方』に、2014年12月に開催した美人寿司について書きました。

◎近況 ひさしぶりに開催した「美人寿司」
Read more...

植島啓司×湯山玲子対談 第1回 頭の中にたくさんの小部屋をつくる人生の極意|幻冬舎plus

0 コメント
特集<気持ちのいいことが、好き。>
植島啓司×湯山玲子対談
「“官能”と“快楽”の回路を開くために」

Read more...
2014年1月9日木曜日

「四十路越え」の技術 “女子”を卒業して魅力的な“女”になる!|日経ウーマンオンライン


“女子”の呪縛から脱出する5つのルール
30代にトライ&エラー“自分憲法”をつくる
“女”を回復する処方箋 
おひとり力をアップさせる映画Best3
といった内容です。

http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20131205/168469/
Read more...
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings