Powered by Blogger.
 
2010年3月29日月曜日

久々の美人寿司はプレ花見の丸の内にて、ふ〜。



「美人寿司の夜」@MARUNOUCHI CAFE 倶楽部21号館 3月26日(金)19時〜
いらっしゃってくれた方々、本当にありがとうございました。そして、急募!! 写真。(こともあろうが、写真を撮るのを忘れてしまい、あの夜の素晴らしいレディ・ガガ風メイク(SADAちゃん、サンキュー)を紹介できないのだ〜。)
案内配信から即、定員になってしまい、満員御礼を深く感謝するとともに、パーティーホステスとして、皆様の社交のフロアを蝶のように飛び回り、チャンスミーティングを創造するべくの働きが、寿司を握るので手一杯、ましてDJをや、というところで、果たせなかったことがだけが心残りではあります。
 私、湯山の仕事にわたっては、「ジャンルが多くて、何をやっているのかわからない」というご指摘ををたびたび受けるのですが、まあ、仕事と興味の範囲が広いんですね。今まで書いてきた本も、寿司にクラブに女カルチャーだし。フロアにはそんなわけで、多種多彩なバックグラウンドを持つゲストがいらっしゃいました。東大教授でフェミニズムの泰斗、上野千鶴子さんと、ドン小西さんが同じ空間でそれぞれご歓談しているという姿にはちょっと感動を覚えたりして。
 なぜなら、近代パーティー(そんな言い方、あるのか?)のオリジンは、70年代ニューヨークのディスコ「studio 54」にさかのぼるわけで、オーガナイザーのスティーブ・ルベルがもくろんだ、「出自、世代を越えたたのしみの場と時間の共有」が少しだけその夜に実現できていたような気がします。スープストック社長の遠山さん、元マリークレール編集長の生駒さん、さえきけんぞうさん、ロロロの三浦君、MOMOKOMOTIONなどの姿もあり、一方で、大学で醸造学を納めた学生さんなんかもいらっしゃっていました。studio54がブイブイいわせた70年代ニューヨークはいわずと知れた、ドラッグカルチャーの洗礼をうけていたのですが、まあ、美人寿司の場合、ソレに匹敵するのは、高級寿司屋レベルのクロマグロや旬とハシリの魚たちによるまったく自然の奇跡の味覚の快楽です。
 もちろん、その日は朝もはよから、築地場内に買い出しにいってきたのですが、予想通り、春の悪天候で魚があまり出ていない。サヨリ、コハダ狙いで行ったのですが、サヨリはキロ5千円という高値だし、コハダはもの自体がない。
 ネタは一流、ウデは偏差値32からの進学教室(鋭意、奮闘努力中ということだ)、を標榜する美人寿司のもうひとつの特徴は、あまり皆さんが口にした事がない「珍味魚介」。今回のそれは、水タコの卵である海藤花。これ、築地であれば必ず購入するのですが、今回はヅケに挑戦。白子よりも濃厚で官能的な食感と味に昇天した人、多し。これは、協賛いただいた、瀬古酒造の「忍者」にぴったりあっておりました。あとは、タラの胃袋(チャンジャのもと)ですね。塩焼きにしておつまみとして出しました。塩気と風味がこれまた、アルローのシャンパンに合うんですね。
 DJ赤貝(湯山ですw)は、あまりにも寿司が忙しくて、不完全燃焼。しかし、聴いている人は聴いているもので、ラヴェルの「ラ・ヴァルス」、コ・フュージョンに反応していただき嬉しかったですよ。初のマックDJだったのですが、こっちの方もがんばるぞー。
次はまた、夏の陣で一回やりたいですね。
といいますか、今年はいろいろお声がかかっているので、また、どこかでお会いする日を楽しみにしております。
 
21号館美人寿司1
俱楽部21号館3
寿司には日本酒が一番。水ダコの卵、海藤花のヅケとのマリアージュが絶品。
俱楽部21号館4
  こちらは、アルロー。タラの胃袋の塩ローストとの相性良し。
Read more...
2010年3月15日月曜日

岩井俊二、ピアノ、Twitter、白金亭のトマト、犬から狸



昨日は岩井俊二事務所の植松さんと、白金亭でランチ。トマトのひき肉詰めは、鶏風味のあんがキモにて新機軸。昨年末、ロスで会ったのがつい最近に感じられるこのタイム感が大人ならではではあります。オーランド・ブルームとクリスティーナ・リッチを主演に岩井さんがメガホンを取った、ただ今、東急文化村で上映中の「ニューヨーク・アイラブユー」に続き、次回作がもうすぐクランクインするそう。しかし、話題はもともと彼の映画がものすごく人気があるアジア、中国圏について。一見、か弱く優しそうなのだけれど、その実はものすごく肉感的体感的な魅力のある岩井映画は、中国の気風にマッチすると思うのですよ。
 その後は、またまた、バンドの練習。ボーカル二人のド素人に夫が歌唱指導のパート練習。ドラムがうるさいというので、エレピで参加。これまた、ン十年の年月を経て、みるみる感覚がよみがえってくる。なんでバッハのインベンションを手が覚えているのか、不明。ドラムをやっているだけにコードバッキングはさすがに上手いかも、と。自画自賛しつつ、猛然とピアノ欲がわいてきた。エレピとか安いの買って、ヒンデミットとか、自己練習してみようか。
 夕食はポークのマリネローズマリー風味を自作。ローズマリーは庭にわさわさ生えているもの。でも、豚肉が駄目だったねー。ハムなんかもそうだけど、高いものを少量、という買い方が正しい。外食を考えれば値段の差はそんなにはないわけですよ。
日曜夜、盛り上がるtwitterでは、またまた面白い事が。
いしかわじゅんさんが「あはははは」の笑い声とともに紹介した、犬→狸の爆笑写真(http://2r.ldblog.jp/archives/2878734.html)を、三番目に「わははは」RTしたら、宮沢章夫さんなどを巻き込んで、大RT大会に。数えたら今朝までに、25000強に回覧したことになっておりました。詳しくは右のtwitterコーナーをご覧くだされ。この感覚は不思議。ゼロから事が起こっている訳で、そこにマスメディアの権力が介在していないことにも、本当にため息をついてしまう次第。いしかわさんがこの事を雑誌のコラムに書いたとしても、この「大笑い回文」のような体感的な面白さは得られないわけで、本当にメディアのあり方が大きく変わりつつあると実感。ニューヨークの友人とも、チャットのようなダイレクトメッセージをし続てしまった。ただし、そのための強迫観念も強いので、そこのところをケアしつつ、毎日を生きる所存w>
 
Read more...
2010年3月14日日曜日

花粉症と森進一の凄さ



花粉症歴20年の私であるが、毎年、症状に差があって大変に面白いわけです。そして、今年は、「ハイドン交響曲94番」型、そうびっくり交響曲並みに、ずーっと大丈夫だったのに急に週末にバババーンと直撃されたのだ。毎年、お世話になる第二世代ヒスタミン剤のアレグラは全く効かず、体の中の水分はすべて鼻から排出されるのではないかというほどのくしゃみ鼻水攻撃に、私としては大変に珍しい、頭痛まで起きやがったのです。というわけで、昨日の土曜日は、すべての予定を吹っ飛ばし、とにかく、寝る寝る寝る寝る。
 そうして、一回、夜中に起きて、テレビをつけたら、バラエティ番組で、カヴァー特集をやっていまして、その中で、森進一が尾崎豊の「I LOVE YOU」を歌っていたのが凄かった。
 いいねー、森進一。
 カヴァーの凄さは、歌い手によってその原曲の隠された魅力が引き出されるところにあるのですが、尾崎豊歌唱では「青春の甘酸っぱさとセンチメンタル」満載だったものが、森進一の歌声にかかると、それがぐっと大人びて、ほの暗いセクシーさだとか、諦観みたいな境地に到達。もう、すぐiTuneに飛んで、アルバム買っちゃったもんねー。
 私の好みとしては、女心の歌を女性が歌う、バージョン。大貫妙子の名曲『都会』をCouchというユニットがカヴァーしていますが、そのセクシーさといったら!  松田聖子の曲は様々な男性歌手がトライしているけど、みんな良いですからね。
 中島美嘉の「雪の華」のあの有名なラからミに移る高音部の「進一かすれ声」は、もう、グレンファークラス105の40年もの級の逸品。ほら、楽器はさ、ストラディバリにしたって、代々受け継がれていくけれど、歌手は生身の肉体なので、その人となりが死んじゃったらもうおしまい、ということもある。特に森進一の歌唱と声帯は不世出でしょう。基本、演歌嫌いな私としては、このように世の中のいいメロを彼に歌ってもらいたいけれど、そういう、試みはコンサート等でされているのだろうか。もし、無かったのなら、逆に小バコでもいいから、そういうプロデュースを誰かにしていただきたいと思いましたよ。菊地成孔君、どう?
寝たおかげで、今朝は早くから、全開中。花粉も割と収まっているし(ということは、疲れていたのか)、twitter影響でブログを書いちゃいました。このまま、続けられるといいんだけどさ。


Read more...
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings