Powered by Blogger.
 
2009年7月24日金曜日

日食を見に上海行き その1

0 コメント


日食を見に上海に行ってきました。
ホント、先週末から今週頭にかけては、金沢に行って、帰ってきてから即、上海という私、往年の取材マックス時がよみがえったような日々でした。時系列的には金沢⇒上海なのでしょうが、ブログの即時性(私の場合は中一日が即時性かい?)から言って先ずは上海報告。
 
 いやー、中年クラバーの私としては、この際、奄美大島で日食レイブが本懐なのでしょうが、ぼやぼやしていたらもう空きがない模様。まあ、当たり前です。全くあきらめていたら、とある飲み会で上海も日食があって、しかも時間が長いというネタが入ってきたんですね。酔っぱらった勢いで、帰ってからネットで予約したらすんなり取れちゃった、というわけです。20代の頃、香港に一ヶ月いて怒濤の香港グルメマップをつくった私としては、上海はすでに勝手知ったる場所。ヒッピーやトラベラーがとぐろを巻いているはずの奄美大島よりも心理的には楽(笑)。蟹の季節ではありませんが、上海風のナマコの醤油煮も、極上小籠包も日食のオマケについてくる方がいい。
 しかし、上海は暑かった。湿気も凄くて、夜、到着後にバンドで夜景を見ようかと、和平飯店に行ったらななんと、改装中。その辺を歩いていたら、好ましい小飯屋を発見。店員の兄ちゃんと目が合って、ひとり夜の汁麵夜食。八角がほんのり効いた牛肉という典型的上海な味付けを堪能しつつ、テレビを観ると、番組では中国古代の甲骨文字の読解のようなバラエティー教育番組が流れてしました。
この、一気にどーんと異世界にワープするような、旅の初日のローカルフードはやっばりこたえられませんな〜。
 翌日はロケハンという名のショッピングと散策。現在のおしゃれストリートのひとつ、泰康路のブティック「金枝服飾」で中国刺繍の効いたシルクストールとチャイナ衿のケープを購入。衿の高さがウォン・カーウァイの美人登場人物並みで、このような観光ハイエンドブティックの充実度は、上海、凄いものがあります。香港資本の「上海灘」がその草分けだったと思いますが、一方、日本はその辺りの展開がヘタですよね。京都でも金沢でも着物系をつかった伝統のハイエンドブティックというものは真の意味では存在せず、在ったとしてもものすごくオバさんっぽいか非モード。
 さて、食事ですが、昼は小籠包の知る人ぞ知る名店黄河路の「往家湯包」へ。ここには現地のかつてのクラブ友達、リンダ・チャンと連絡が取れて一緒に行きました。ここでの「純蟹粉湯包」こと蟹の小籠包は激ウマです。要するに具が蟹肉+みそのミンチ状。数日前の金沢でも毛蟹三昧。市場で二匹生きているのを購入して、東京でも毛蟹ディナー。そして、上海でも相変わらず蟹食ってる。ワタシの血のほとんどはボルドーワインとのたまったのが、川島なお美なら(多分)、私の場合はこの数日は蟹、ということになるわけです。
 夜はグルメと本の名店が並ぶ、福洲路の名店「老正興」へ。ナマコの醤油煮はお約束の絶品。この店はこれだけで名高いのですが、単に甘辛いだけではなく、ちょっとエビの風味も在り、ナマコの押してくる食感とともに大変に官能的。今もその味をトレースできるほどの感じは、寿司で言うならば、新富寿司のコハダのようです。牛肉の辛煮もちょっと川菜料理の引用あり、で大変に美味しい。ですが、ヤバいの汁ソバ。これが麺がやたら多いわ出汁は効いていないわのトンチンカン。多分、メインの料理人は帰って、そのへんの小僧がつくりやがったんでしょうかねぇ。
 翌日はきちんとロケハン。ここに来る前に赤坂の気功のセンセイ、朱さんから勧められた「上海植物園」に行ってみました。上海の南はじにあるここはとにかく広い。生い茂る植物の植生は完全にここが熱帯雨林の場所であることを示しています。アーティストの曽根裕が昔、インドネシアの密林で日食に遭遇したことがあって、そのとき、夜の虫が一斉に泣き出したということを話していて、ここではそれが体験できそうな感じです。園の中にガラス張りのモダーンな建物が建築途中で、見せていただいたら、「Aone dragon palace」というホテルで8月オープンらしい。上海であえて市内を避けて、こういう所に泊まるのもしゃれています。香港であえて、南Y島のヴィレッジに泊まる感じと言いますか。
 昼は上海錦江飯店北楼にある「錦福会」へ。ここもグルメの間では人気の場所です。が、唯一の成果は、佛跳牆かな。アワビ、魚の皮、スペアリブなどが渾然一体となって上湯スープに溶け込んでいます。しかし、他は結構ダメなのよ。暑さで血迷ったのか、どうしても麻婆豆腐が食べたくなってオーダーしたのが悪かった。前菜の青菜と豆腐の窯も平凡でヌーベルチャイニーズを狙うも中途半端な感じでした。
 この日の夜は、散策に疲れ、その辺の小メシ屋にて粥を食らいました。それと、大好物の腸粉のベストチョイス。腸粉は米粉のクレープの蒸したものですが、これ、なんで日本のデパ地下で展開しないのかがわからないほどの美味スナック。新天地の「上海灘」に行ったら、バーゲン中でシルクニットのチャイナ風カーディガンを購入。ここでの成果は、ジャスミン系のお香。これ、匂いマニアの私としても新機軸の芳香で「上海灘」の攻めのブランディングを感じさせる力作です。
 上海にはこの間購入した、vaioのモバイルpcが大活躍。コーヒーチェーン店の「The coffee bean & tea lief」はwifiがフリーで入るので、全くストレス無くメール仕事ができました。

Img_2484
 












↑小メシ屋の兄ちゃん。こいつと目が合ったばっかりに・・・・・。

Img_2481_4














↑上海風牛肉麺の甘辛問答

Img_2522_2














↑「老正興」の店内。上海のディナーはオーダーストップが早い。この夜は駆け込みでした。


Img_2524_2














↑「老正興」のナマコの醤油煮。記憶に残る味。

Img_2493_2














↑「往家湯包」の小籠包づくりのお姉ちゃんたち。

Img_2495














↑問題の蟹肉入り小籠包。


Img_2498_2














↑蟹肉がこのようにみっちり、びっしりと。


Img_2526














↑上海植物園の中の謎の中国庭園なり。

Read more...
2009年7月22日水曜日

鳩山+西田+天海、政界芸能惑星直列の寿司カウンター



高級寿司屋のカウンターでは、「隣に座ったのがあの人」という素晴らしい偶然が起こることがあります。寿司グルメの友人たちからは、だれそれが彼女と来ていた、などという香ばしい話を聞いたりしますが、私はとんとご縁がない。
 ご縁が無いというよりも、私は日常で有名人の顔というものがいつもほとんど判別できない。代々木上原のワインバーで馬鹿話にのけぞったとたん、後ろの男性と頭をガツンとぶつけてしまったことがあって、「やっ、ごめんなさい」でやり過ごしたのですが、後から彼はスマップのゴローちゃんだということが判明。ふつーのサラリーマンかと思ったよ。
 
 さて、この日、フランス系のPRを一手に引き受けている斯界のクィーンであらせられる、瀬古敦子さんのお誘いで西麻布のK寿司にご招待されたのでした。ほぼオンタイムでその店の指定された離れの小窓を除くと、ななななんと、そこにはどーんと釣りバカのハマちゃんの姿が! そう、西田敏行さんがひとり杯を傾けている。恐る恐る入ると、なんと、瀬古さん、一番端っこに座ってた。
 まあ、そういうこともあるでしょうと、つまみと瀬古さんのご実家、瀬古酒造の逸品を堪能していたら、ああた、お次に入場していらっしゃったのが、クールビューティー、天海祐希さん、そして、竹ノ内豊さん(しかし、またもこのイケメンの顔と名前が一致せず、これは瀬古さんの判断)
まるで、ビールのCMのエキストラになったような気分でありまして、瀬古さんも私も業界なれしているとはいえ、脳の聴覚野の30パーセントは西田チームに集中している始末。
  カウンターの席順はというと、西田氏と私の間は二席開いているので、お互いのグループはいい距離感であったわけですが、この夜のハイライトはその後にやってきたのでした。
 何気なく、例の小窓を見やると、そっそこには、このところ話題的にはマックスボンバーな人物の横画がっ・・・・。(と、この話は飲み屋話題ではここで人物あてクイズに入るが当たった人は誰もいませんいないのだ)
ヒントはポッポッポー。鼠先輩ぢゃないよ(と、すげーオヤジギャグ)鳩山由起夫氏と奥様の幸さんだったのだ。そして、なんと、鳩山氏は私の真横に座っちゃったのである。このときはまさに小沢問題で鳩山氏が党首になった直後。久々の気分転換に訪れたそうです。
  さすがに大人の皆さんですから、非常に節度を守って寿司を楽しんでいましたが、そこはそれ、寿司屋のカウンターマジックというやつで、息子さんのロシア留学話を聞いたり、なんとなーく、リラックスした仲間の雰囲気。
 鳩山由起夫さん、美形ですよ。文科系女子が憧れる、文科系男子の典型というか、大島由美子の漫画に出でくる教授っつーか、秘密博士っつーか。役者のような華がある。奥さんの幸さんははっきり行って、カウンターを一手に仕切っていましたね。天海さんとは宝塚の先輩後輩の関係ですから、幸さんが「あまみぃ~」なんて言うと、天海さんがびしっとした男ぶりの敬語で答えて、ヅカの伝統たる上下関係の凛々しさと美しさに、私は脳の30パーセントで身もだえしていましたぜ。
 
 しかしながら、この夜の贅沢さというのは、この今をときめく”役者”たちの、声の饗宴を体感できたこと。現代音楽の雄、メシアンの作品で野に生きる野鳥たちの声をそのまま”音楽”に移し変えた「鳥の歌」という作品がありますが、私はこの夜、この場の寿司屋の周りのささやきのサウンドスケープをそのままま「K寿司の歌」に写譜したいね!
西田敏行さんのあの不思議な倍音がかかる声と語り口は、もうそれだけで、大原のあわび級、さすが宝塚出身の天海さんと奥様の幸さんの声は、とにかく、よく通る。話の内容はもちろん、不明だけど、天海さん、役柄と同じく、ものすごく男っぽくて気風がいい感じでしたね。
 鳩山氏のおごりでカウンター全員に、「森伊蔵」がふるまわれました。そうしたら、寿司屋の大将が森伊蔵の古酒を出してきて、鳩山さん、飲み比べ。じーっと見ていたら、「飲んでみる?」って言うんで、なんと、鳩山氏と同じグラスで利き酒しちゃった!  この間接キスは後で効くよ。必ずや民主党を勝利に導くだろう。なんちて。
 さて、お寿司ですが、最初にネタの顔見世として、ネタ箱に魚介がまるでアルチンボルドのようなルックスで盛られている。珍しいものをいろいろ出してくる、攻め、の寿司で、こういうやりたいことがはっきりとしている店は活気をもらえます。
  
Read more...
2009年7月13日月曜日

「アマランス」七周年パーティー



並木橋の古城こと「アマランス」の七周年パーティーっていうのがありましたね。
(&「アマランス」の店主、レジーナママの誕生日パーティーでもあった、盛大な夜)
Img_2075




















5月30日
野宮真貴が既にブログで紹介していますが、彼女の「アマランスは東京のおしゃれな実家みたいな存在」はけだし名言。この店は、80年代のレッドシューズのように後世、東京のサブカルチャーの一翼の存在として語り継がれることになるのは必須でしょうね。そうなったら、私は「キャンティー物語」のようにノンフィクションを書いてみたいものだ。
Img_2082






















ここは本当に不思議な魅力のある店だと思います。その原動力はもちろん、オーナーのレジーナこと純氏と、李さんの魅力につきますね。こういった小規模のサロン的な店の場合、よくも悪くもオーナーは強烈な個性の持ち主が多いわけです。で、そのセンスや個性があるとき、うっとおしくなるときがが必ず来るんですね。そのときがその店、卒業の頃合いなのだろうけど、レジーナママにはそういった灰汁のうなものが無いのだ。彼女は君臨すれど統治せず、ってもはや天皇家の空気感ですよ。バーやクラブは"詣で"、という言葉がお似合いの特別な場所だけれど、ここは、その例で言うならば、完全に神社ですね。オーナーの表現もしくは存在証明、みたいな匂いがみじんもないのは、レジーナがドラアグクィーンという"女装"スキルを持っているからかもしれないなあ。
Read more...
2009年7月8日水曜日

フードフランス発表会@ブノアに行ってきた。



5月27日(水) 
Img_2024




















毎年、フランスの新進気鋭の料理人を招いて、フランス料理の次なる才能を味わえる趣向のフードフランスの発表会。ラインナップの中では、来年の三月初旬の「ムーラン・ド・カンプロン」のエルヴェ・ヴィセが面白そう。ピレネーの山奥、ロット川にせり出した18世紀の水車小屋を改装したホテル。ヤバそう・・・。しかし、この「ブノア」、実は午後のブランチやお茶に最高なんですよね。コーヒーはバッハだし、レモンタルトに目がない私はここのそれにいつも耽溺。あんまり教えたくないんだけどね。
Read more...
2009年7月6日月曜日

さようなら! エスクワイヤの日、の思ひ出



5月25日(月)
Img_2013
Img_2016
Img_2022



























































遅れてブログ書くと、こういうホットな話題も一ヶ月後のアップ(笑)。でも、月刊誌のレビューはこういう時間の寝かし、があったのです。で、この優秀な月刊誌もこのご時世、休刊に追い込まれてしまったのだ。で、この日は青山一丁目の246沿いにある編集部を利用してのお別れ会が開かれたのでした。ビジュアル系カルチャー雑誌はもともとが、実売ベースよりも広告収入だのみだっただけに、このサブライムショックとネットの出現による広告モデルの変化にはついていけなかったのだろう、ということは、誰でも予測できることでしたが、その点に関しては、手堅いノウハウと浮気性でない優良な広告主を持っているはずのエスクワイア浮沈も波間に沈められてしまったってことです。昨年のSF特集なんてタイムリーだったし、ニューヨーク特集は常に予測以上の情報がいつも集められていましたよね。お別れパーティーは、ここに爆弾を落とせば、日本の業界人が灰燼に帰すほどの人々が集まっており大盛況。まあ、雑誌とともに時代のオイシイ汁を吸った人々の胸中には、あのときのロンドンやバハマの思い出が甘く切なくよぎったに違いない。
それでもって私、意外にも編集部に来たのは初めてだったんですね。いやー、これって、あこがれのNYソーホーのクリエイターオフィスですかい? と言うようなすんばらしい環境がななんと、都会の一等地に存在していたのだった。と、急に頭の中で電卓が点滅。うーん、この固定費のバランスの悪さが、もしかしら、浮沈感に開いた穴、だったのかもしれん。この時代、彼らの作り出してきたようなカルチャーの水先案内人のようなコンテンツは、よりニーズがあるのに、雑誌(こういうオファスの張り方も含め)というインフラが時代に合わなくなっただけかもしれませんねえ。
Read more...
2009年7月3日金曜日

名古屋文学サロン月曜会にて「女装する女」をしゃべりたおすの巻



Img_1982




















ああ〜っ。溜まりにたまったブログ更新。ダイエットも三日坊主なら、ブログもそうかよ! あった人に「最近、更新してませんね」と言われると、なぜだか、いつも夏休みの最後の一週間の気分。そう、全然、宿題に手を付けていないのに、今日も遊びの予定が入っているんだよーっ! (と、いうことだ)
てなことで・・・・・・

5月24日(日)
名古屋文学サロン月曜会にて「女装する女」をしゃべりたおすの巻
名古屋文学サロン月曜会という読書会の二周年記念のトークイベントのゲスト出演のために、名古屋に行ってきました。ネタはもちろん「女装する女」であります。読書会ってちょっと珍しいでしょ?  欧米の映画なんかにはよく紹介されているけれど(最近ではレズビアンドラマ「Lの世界」にでできましたね)、作家を呼んで、講演や朗読をしたり、作家抜きで一冊の本を語り合ったりするこのカルチャーだけはなぜだか、日本には定着していないのだ。というかこれ、出版社や本屋の領域で素人のものは今までほとんど存在していないのが現状でしょう。それが、とうとう、ミクシー本格時代を迎え、「実のあるコミュニティー=オフ会」というパッケージを得て一気にブレイクしているらしいのだ。
この読書会、東京ではなく名古屋ペースで、スタートから二年間で会員が二千人あまり、というのだから恐れ入ります。ゲスト作家のこれまでのラインナップはといいますと、立川直樹、菊地成孔、中村うさぎという面々。男は文化系ディレッタント、女は暴れん坊将軍というこのキャッチーな人選は、主催の山本氏の独断と偏見だそう。彼の本棚の様子が窺われます。レコードや本って、ホント突拍子もないラインナップだったりするからね。高田純次の「適当辞典」の横に「日本の髪型 伝統の美 櫛まつり作品集」並んでいたりさ。
Img_1987_2




















さて、会場となったのは鉄道の高架下のクラブで、周囲の雰囲気は、とってもベルリンチック(空間スケールの大きい名古屋はそれっぽいところがあるんですよね)。前半は集まってくれた80人の人たちが10グルーブに分かれて議論しているところに私が各々お邪魔していく、というもの。男女はほぼ同数でちょっと女子の方が多い感じでみなさん、ホントに熱心に語っていらっしゃる。なんと、この会にはドレスコードがあって、今回のテーマは、「女は女装、男は男装」でして、会場は華やかでしたよ。でも、あれですな。女性はあまり東京とかわらない感じなのに、男性が幾分割り引いてみたとしても、お堅くてユーモア不足な雰囲気は否めなかったね。トヨタのお膝元でもあるし、会社主義と管理教育とカンバン方式がガッツリ心棒に入っちゃった感じといいますかね。そう、土地のローカル性や個性というものは、実は男性に顕著に出るというのが私の持論。その点女性は世界各国、一枚板なんだよね。そう、生意気でワルい女というものは、インドでもパリでもモロッコでも私はすぐに見つけることができる(笑)。
後半は外部のお客も入っての、クラブタイムの途中で私と主催の山本氏と彼と親交がある、知る人ぞ知るカリスマ経営コンサルタントの石原明氏とで鼎談。女装コンテストなどという仕掛けもあって、なかなか面白いイベントでした。終了後は、主催の山本氏夫妻と石原明氏、そして、名古屋でネットを使った伝統的金太郎飴の画期的なビジネスを行っている、「まいあめ工房」の中村貴男氏とともに手羽先の代表店、「風来坊」へ。翌日の昼は、熱田神社横にあるひつまぶしの老舗「あつた 蓬莱」へ。甘辛みそ味ベースのバリエを堪能。ちなみに会からは、なんと、拙書「女装する女」を額縁に入れた、まるでレコード大賞のゴールドディスクのような額装をプレゼントしていただきました。こっばずかしいけど嬉しい、著者の心根をぐっとつかむキラーコンテンツは、さすが、三河商人のお膝元の面目躍如です。
Img_2005




















「あつた 蓬莱」のひつまぶし。これの茶漬けがまたうまいのだ。
Read more...
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings