Powered by Blogger.
 
2017年10月14日土曜日

2017年10月14日

22時から、TBS 新情報7days ニュースキャスター、出演します。

Read more...
2017年10月10日火曜日

2017年10月10日


木ノ下歌舞伎の『心中天の網島』が京都ロームシアターで上演されていることが判明し、当日券で観劇。主宰の木ノ下裕一さんは、歌舞伎の研究者でありその熱が高じて「歌舞伎演目を本当に現代に呼び活ける」ことを是とした活動を続けていて、わたくし、彼の「忠臣蔵」の通し上演に大いにインスパイアされ、拙書「男をこじらせる前に」に「男と忠義の抜き差しならぬ関係」を一章を費やして書いたほどなのなのです。(文庫化のトークショーの後にまた彼の舞台に出会えるとは何かの縁を感じますねぇ)

近松作品の中でもこの作品は、心中に二人が追い込まれる過程が一級のサスペンスさながらに抜かりなく、市井の常識人たちが「社会のシステム(空気含む)」ゆえに、恋に落ちた二人を破滅させていく様があまりにも見事な作品。二人の死出の道行はまさに日本独特の諦観とタナトスエクスタシーに満ちて、文楽でも、蜷川幸雄作品でも「人の目に涙させる」こと必定であり、質感としては関西圏のお好み焼きのソース並みに濃厚で重いわけです。

しかし、今回の糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)演出は、不倫してしまう治兵衛を「真面目に生きている男に突如恋の火が燃え移った」系ではなく、「上の空なチャラ男」にしたことで、歌舞伎ほかが行ってきた「重い悲劇感」が一掃。そのムードを補強しているのが、劇中に何度も現れる登場人物によるミュージカル仕立ての歌。

ミュージカル、これ、日本の演劇に挿入されるとその居心地の悪さにたいてい辟易する、劇薬のようなシロモノなのですが、今回はそうではなかった。ギターベースのブルージーなコードにハモりもふんだんに入って! 歌われる楽曲が、例えるならばウォン・カーアゥイ監督の「マイブルーベリーナイツ」におけるノラ・ジョーンズの音楽ばりの効果を上げているのですよ。

「誰でもいいから一度だけ心の中に入ってきて 誰でもいいから一度だけこの物語を終わらせてよ」というサビの歌詞。つまり孤独と運命を歌っているのですが、これ実は近松の濃厚な戯曲の骨子。しかし、ギター伴奏のその曲はプルースの乾いたあっけらかんさで嗚咽を吹き飛ばしてしまう。

そう、上の空のチャラ男とセックス好きの気性のいい若い女の破滅に至る不倫は、「信じられるものはお前との間の官能だけさ!」という、特権的(なぜなら、コレには身分や立場は不要だから)、だからこそ社会が警戒する男女関係。いといえ糸井演出の音楽づかいは官能の温度を伝えてあまりある。つまり、センスが良いのです。


http://natalie.mu/stage/news/251575
Read more...

10/21(土)日本テレビ「輝きYELL!」出演!

10/21(土)21:54~22:00放送 日本テレビ「輝きYELL!」に出演致します。
Read more...
2017年10月9日月曜日

2017年10月9日


越前屋俵太氏にご案内される、ディープ京都グルメツアーは新幹線のあっち側。駅でいうと、四条大宮に近いところにあるその名も「壺味」というお店は、たこ焼きの赤提灯が目印のように、お好み焼きなどの粉物のお店。店の様子は、立ち飲み場所が路上にはみ出しているタイプであり、店内は「古びているが道具が効率よく収まっている雑然さ」というローコスト名店に共通のルックス。

粉物の味を決定するのは、何と言っても生地なのですが、この店のソレは特徴的。といいますか、どちらかというとガレットとかクレープに振った方がいいような、滑らかさと自然の甘さがあるのです。そこに、明太子、タコブツなどの具の一点を入れていくのですが、その口どけはチーズフォンデュを彷彿。生地の味を堪能したくて、チーズ入りをオーダーしてみると大当たり。この旨味を閉じ込めた薄味のネットリ系は、白味噌仕立てに通じる京都の味のセンスなんですよ。

てんこ盛りのネギを焼いた生地で囲って蒸し焼きにする、というお驚きの手法で手がけたネギ筋焼きも含め、ついつい、味覚はブルゴーニュ地方に飛ばされてしまうのですが、目を開けるとそこはディープ京都というこのギャップ。

ソースの味が強烈で、せっかくの生地の味を抹殺している感じがしたので、お土産はそれらを抜いてもらったネギ焼きにしたのですが、正解でしたね。胡椒を含め、コレ絶対にあう合うスパイスがあると思うので、今度自宅から持参でこっそり試してみよう。

昭和風おでん屋を経て、三件目の菊屋町のロックバー「ROCK STOCK」もすごかった。美容師でもあるオーナーが自宅のガレージを改装して作っちゃったお店は、ウーハー低音抜群の部室みたいな雰囲気。トイレに飾ってあるコンサートチケットはオーナーのロック史そのものであり、ジェスロ・タルやレーナード・スキナードの半券にお思わず涙。

京都、隠し持っている宝が多すぎるぜ。

 
 
Read more...
2017年10月7日土曜日

2017年10月7日


爆クラ! <第63夜>「加藤浩子の2017年欧州オペラコンフィデンシャル〜現場で今、何が起こっているのか?!」は、10/19(木)20:00@代官山晴れたら空に豆巻いて、です。

ゲストは、私が知っている中で、最も多く欧州のクラシック、オペラの舞台を体験し、それを的確に言語化できる(ここんとこ、重要ね!)敬愛する音楽ジャーナリストの加藤浩子さん。

テレビなどに出演していると「今、現場で何が起こっているのかを濃縮簡潔にまとめてみて」系の脅迫観念にさらされるのですが、今回はまさにクラシック最前線のソレ。(ということは、業界必見でしょう!!!)

良質な新書一冊分以上のジャーナリスティックな「ツカミ」はバッチリ。

といいますか、ヨーロッパのクラシックの「攻め」の凄さを感じていただける一夜になるはずです。

是非、お運びアレ。


Read more...
2017年10月4日水曜日

2017年10月4日

大阪、京阪神の方々、ぜひ、10/8(土)13;00から、大阪ロフトプラスワンにお運びあれ。拙書「男をこじらせる前に」(角川文庫)の文庫化にちなんでのトークライブのゲストは、越前屋俵太さん。このところ多くのテレビ人をみて来た身にとっての、別格のトークセンス!!! そして、ニッポン男子に珍しく、群れないインディペンデントさが本当にある人。そこに肉薄する所存。


http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/74137
Read more...
2017年10月3日火曜日

10/19(木)爆クラ 第63夜 「加藤浩子の2017年欧州オペラコンフィデンシャル〜現場で今、何が 起こっているのか?!」

怒涛のサロンコンサート一ヶ月を経て、久々に通常営業に戻ってまいりました爆クラ! 久
々にオペラ特集です。この夏、私のクラシック音楽観を数百倍アップデートさせたザルツ
プルグ音楽祭でのオペラ体験。それを言葉にするのならば、「オペラはもうこんな先端を
走っているのか?!」という驚きでした。伝統の永続には、時代性と呼応した破壊と創造が
不可欠ですが、それを歌舞伎の最近の方向性でもある「お客の嗜好に合わせた商業的マー
ケティング」とは違うエネルギーで行なっている、パンクなその現場に仰天。クラシック
やオペラは基本再現芸術ですが、もう、再創造、の次元。
ゲストには、日本で一番ヨーロッパのコンサートを観て、そして的確な講評を発表し続け
ている、加藤浩子さん。彼女によると、現在のオペラ状況を語るに重要なキーワードは、
「古楽」と「演出」。そう、この夏私及び加藤さんを唸らせた、ザルツブルク音楽祭のモ
ーツァルト作クルレンティスが振るところの「皇帝ディート」ですが、もう、開幕のオペ
ラ公演を、ウィーンフィルではなく、古楽器のオーケストラ「ムジカエテルナ」が担うと
いう時代なのですよ。
「歌」についても、古楽唱法というか、ヴィヴラートを抑えて、当時の演奏慣習を取り入
れて即興や装飾をするスタイルが今のトレンド。ベッリーニ「ノルマ」(1830年のオ
ペラ)のアリアを、1950年代のマリア・カラスと21世紀のチェチーリア・バルトリ
で聴き比べたりもいたします。
演出面では、当時の設定をいかに、現代のあるあるに持っていけるかどうか、つまり「読
み変え」ができるかどうか、がクリエイションのポイントになっているのです。 たとえ
たとえば、世間を騒がせた松居一代の件なんぞは、性別入れ替えたら「オテロ」そのまん
まなわけで。そういう、古典をビビッドに現代に蘇らせる演出の数々を紹介していきます

今やオペラは、歴史的衣装をつけた太った歌手が棒立ちで歌うコスチュームプレイではな
くて、俳優顔負けの美男美女が駆け回ったり寝そべったりしながら歌っちゃう刺激的な出
し物。17世紀のスペインの伝説的プレイボーイが、NYのハーレムでヤクを打っていた
り、地獄へ落ちたはずがよみがえったりもいたします。なんでもあり!なのです。ここ半
世紀で、ザルツブルク音楽祭のモーツアルト・オペラがどれほど変わったか、これはなか
なか衝撃的です。
そしてここ数年、1970年代生まれの若い指揮者が続々、欧米を代表する歌劇場やオーケス
トラの音楽監督、常任指揮者に起用されていますが、そのあたり、実際に「現場を聴いて
きた」加藤さんにとことん聞いていきます。ちょうど、「爆クラ!」出演日の直前に、現
パリ・オペラ座の音楽監督で、次期ウィーン国立歌劇場の音楽監督に内定したフィリップ
・ジョルダンの「ドン・カルロス」(新制作)を観劇するとのこと、ホットな話題をお楽
しみに。

教養としてのクラシック音楽ではなく、電子音楽の響きを経たクラブ耳を持つ人にこそ体
験してほしい、この爆音音浴。生演奏がデフォルトだけれど、録音とオーディオという現

代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能して下さい。今回は映像
もがんがんお見せしますよ。
ご来場をお待ちしています。
湯山玲子


開 19:15 演 20:00 ・一般 3000 + 1D 600 + 1D 600/ 学生 1500 +1D



メールでのご予約、くわしくはコチラから



■ 入場は整理番号順

■ 要別途1ドリンク代金600円

■ 会場は畳敷き(椅子席あり)

●●プロフィール
ゲスト:加藤浩子
音楽物書き。東京生まれ。慶應大学美学美術史学科卒業。同大学院文学研究科博士課程満
期退学(音楽学)。大学院在学中、オーストリア政府給費留学生としてオーストリア、イ
ンスブルック大学留学。執筆、講演、欧米へのオペラ、音楽ツアーの企画同行と幅広く活
動。著作に『今夜はオペラ!』(春秋社)、『バッハへの旅』(東京書籍)『オペラでわかる
ヨーロッパ史』『ヴェルディ オペラ変革者の素顔と作品』『音楽で楽しむ名画』(平凡社
新書)等。公式サイトhttp:www.casa-hiroko.com

席亭:湯山玲子(ゆやまれいこ)
著述家、ディレクター。爆クラ! 主宰。著作に『女ひとり寿司』(幻冬舍文庫)、『女装す
る女』(新潮新書)、『四十路越え!』(角川文庫)、上野千鶴子との対談集「快楽上等!  3.11
以降の生き方」(幻冬舎)。『ベルばら手帖 マンガの金字塔をオトナ読み』(マガジンハウス)、『文化系女子の生き方』(大和書房)、『渇! 迷える女子の人生相談』(小学館)『男をこじらせる前に』(角川文庫)、など。父君がクラシック作曲家、湯山昭という環境に育ちつつも、ハマったのはクラブミュージックで、著書『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)は、クラブ文化を都市や歴史風土の観点から分析、論考を行った。近年はテレビコメンテーターとしても活動。日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。

Read more...
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings